マホート。ルアンパバーンでゾウの調教師の資格をゲットだぜっ!

良かったらシェアしてね!

ゾウの調教師、ラオスの言葉でマホートと言うらしい。

マホートの資格を取得できるツアー。

ただゾウに乗るだけならタイでもインドネシアでもどこでもある。

でも、調教師となると話が違う。

それが今回ラオス行きを決めたきっかけでした。

このご時世、転職に備えて資格を取得する人が増えています。履歴書の資格欄にマホートって書いてあったら間違いなく掴みはOKですよね。

そんな資格マニアの皆さんにもおすすめの記事になっています!笑

というのは冗談で、実際にとても楽しいツアーだったのでぜひ皆様にもご紹介します。

密かに人気のマホートトレーニングとは?

改めてマホートトレーニングについて。

ルアンパバーンにある旅行会社ではほぼ100%このツアーが企画されています。

それ以外にもゾウに乗るツアーはあるので、しっかり確認した方がいいですね。

エレファントトレッキング+パークウー洞窟巡り

半日エレファントトレッキングツアー(資格取得なし)

など、似たようなツアーがあるので注意が必要です。

現地でツアーを申し込む際は必ず「ライセンスは取れるのか?」と聞きましょう。

一日ツアーだと取れるけど、半日じゃ取れないってところが結構多かったかな?

現地の人曰く、資格を取りたがるのは日本人だけらしいです。

あぁ、不況の煽りなのかなこれも。

いま、密かにブームが来ているらしく日本からのオプショナルツアーでもよく見ます。

人気の理由はおそらく「ネタになるから。」

まだまだラオスに行く人が少ないのにその中でマホートだなんて。

全力でドヤ顔できますもんね。ぼくもその一人なので分かります。はい。

ちなみにぼくは現地でツアーを申し込みました。

理由は日本でオプショナルツアー申し込むと高いから。1万円以上するのが普通みたいでした。

現地だと、これもまちまちだけどそれでも日本の半額くらいで行けると思う。

ぼくはラッキーなことに250,000キープ(3,300円くらい)でした。お値段1/3!

体験記!ゾウの調教師までの道のり

当日は朝8時30分に宿泊先まで迎えに来てくれます。そこからゾウがいるキャンプまで移動。

そしてゾウに乗って、座学、ご飯の後にメコン川で実践という流れ。

市街地に戻ってきたのは15時くらいだったかな?一日コースで15~16時くらいに戻ってこれます。

道なき道を1時間進む

ラオスはまだまだ発展途上国。とにかく道が悪い。基本山道だし。

最初は舗装されたアスファルトを走りますが至るところに穴が!

スピードこそ落とすものの、通過するたびに激しく揺れます。

そしてしばらく行くと舗装されていない道を進む。

ラオスの移動中の景色

伝わらないと思うが、道が悪い

お、おケツが痛いよおかっつぁん!

移動の時間は1時間くらいでしょうか。

サバンナの国立公園のサファリとかこんな感じかな?

と、行ったこともないのに想像しちゃいました。

まぁかといってゾウに市街地の近くまで出てきてもらうのもアレなので我慢しましょう。

ゾウとの初対面!ビビりながら鼻にタッチ

そうこうしているうちに到着した模様。

ゾウが5頭

全部で5頭のゾウがぼくらを待ち受けてくれていました。

こういうキャンプがいくつもあるみたいですね、ラオスには。

目の前に、ゾウ。

さすが陸上生物最大の種。

動物園で絶対一度は見たことがあると思いますが、それが柵なしの至近距離にいると全然迫力が違います。

ガイドの人はお仕事があったのかここで15分ほどぼくらを放置。

こんなにも長い時間、まじまじとゾウを眺めたことがかつてあっただろうか。

まつ毛の長さ、皮膚のたるみ、個体によっての尻尾の毛の有無。

あ、やっぱりちゃんと爪が5枚あるから指は5本なんだな。

鼻の先ってずっと地面についてるな。

ん?よく見ると鼻毛なくね?

急に襲い掛かってきて踏まれたら死ぬなこりゃ。

など考えながら恐る恐るゾウの鼻に触れてみます。

ゾウの鼻に触れる

硬い。けど、ちゃんと皮膚だ。

ゴムタイヤのような圧縮された感じではなくておじいちゃんの皮膚を分厚くしたような。

生を感じさせる硬さでした。

エレファントトレッキングとマホートではゾウとの距離が違う

ひとしきりゾウを観察したところでガイドの人からの指示。

今からとりあえずゾウに乗るから、階段を上がって!と。

ゾウに乗るための階段

ゾウに乗るための階段

ワクワクしながら待っていると、装備(ベンチ)なしのゾウがやってきます。

ベンチなしのゾウ

事前の調査では最初はベンチ付きのゾウに乗ると思っていたぼく。キャンプによって違うみたい。

エレファントトレッキングの人も同じ場所にいましたが彼らはオンtheベンチでした。

とりあえず恐る恐る乗ってみると・・・。乗りづらい!!

必死にゾウに乗る

乗馬を想像してみてください。

鞍が無かったら背骨とかダイレクトで当たって痛いですよね?あんな感じ。

首元に座ったけど歩くたびに肩甲骨が上下して落ちそうになります。

しかもゾウって顔が上を向いていないので、馬なら首に掴まればいいけど掴まる場所がありません。

手をゾウの頭の上にのせて落ちないよう必死に姿勢をキープします。

インナーマッスルが悲鳴をあげ、汗が滴り落ちる。

すぐ前にはベンチに乗って優雅に過ごしている人がいるのに。

そう、これはマホートになるためのトレーニングの一環なのです。

それをひしひしと感じました。

ベンチ付きのゾウに乗る人たち

前の人たちは優雅でうらやましい

みなさんも、ただゾウに乗ってみたいだけならマホートでなくゾウ乗りツアーをご検討ください。

ただ、直に触れている分、文字通り距離が近くなったことを感じられます。

30分もすればカメラにポーズができるくらいには余裕が出てきました。

マホートになるためには座学も必修科目

ここで一旦ゾウから降りて、座学に。

ゾウに対する命令の言葉(ラオス語)だけでなく、ゾウの生態について勉強します。

説明が英語だったので全部聞き取れたわけではありませんが面白い話が聞けました。

調教用のゾウは全部メス。

オスは気性が荒いので素人が乗ると最悪殺されてしまうこと。

熟練の調教師はオスも従えるが、ナイフで痛みとともに調教すること。

1日の食事量は実に300kg。水も同量摂取している。

常に餌場を変えないと大食感ゆえに食べ尽くしてしまうこと。

キャンプのゾウたちは人を乗せている時間があるから食事量が少なくなりがち。

怖がって接すると指示を聞いてくれない。

本格的に操るには最低でも2週間、1カ月は訓練が必要であること。

などなど。

結構まじめな授業で、かつ英語なので必死になります。

そしてゾウを動かす命令の呪文を授かるのでした。

念のため、予習がしたい人向けに写真載せておきますね。

ゾウへの命令の呪文

ゾウの背に乗りメコン川へ

座学の後はツアー料金に含まれる昼ご飯を食べて、まったりします。

ゾウの休憩時間だからです。

この間に呪文を何度も復習し、あとは猫や犬と遊んでました。

ゾウキャンプの猫ちゃん1ゾウキャンプの猫ちゃん2

どこの国でも猫は自由ですね。ちゃんとカメラ目線なあたり可愛い自覚があるのかな?

しばらくして、いよいよゾウとともにメコン川へ。

ゾウにしゃがんでもらう

ゾウに膝をたててもらう

覚えたての呪文でゾウにしゃがんでもらう、または膝を立ててもらってライドオン!

(実際には素人の命令は聞いてくれないのでガイドの人がサポートしてくれます。笑)

そしてそのままズブズブと川に入っていきます。

ぼくの乗っていたゾウは暑かったのか、しきりに鼻シャワーをしてくれました。

命令してないけどなっ!

(鼻シャワーをしてくれっていう命令もあるよ。ブンブンっ!って言うよ。)

鼻シャワーするゾウ

ある程度の水深になると、ガイドの人がゾウに頭を揺らせと命令します。

あの巨体が頭を揺らすと乗っている人はたまらず川へ落下。

水中でゾウに乗っては落とされを繰り返します。

川で頭を揺らすゾウ

もうこの頃になるとゾウがかわいくて仕方ない。

ぼくのしゃがめ!の命令を聞いてくれた時は嬉しくて頭なでなでしてあげました。

女の子に頭なでなでなんて、ぼくも結構やるもんですね。

忘れていた青春を取り戻した気分になりました。(これは嘘)

あ!この川遊び、すっごい楽しいんですけど一つだけ難点が。

ゾウも川でリラックスしているのかう〇ちをすることがあります。

川に浮かぶう〇ちを至近距離で避ける必要があり、絶対無理!と言う人にはおすすめできません。

そして、愛おしいゾウとの別れの時間がやってきた

気づけばゾウに対する恐怖心などなくなり、愛おしくてたまらない。

そんなゾウともお別れの時間がやってきます。

ゾウに餌をあげる

最後に餌をあげて終了。

パパイヤの木を強靭なあごでガシガシ噛み砕いて食べてました。

なお、カメラやスマホは川に入らないガイドの人に渡しておけば写真を撮ってくれます。

防水ケースを持ってればそのまま川に入るのもありですが、ゾウの上での撮影は慣れていないと思うのでガイドにお任せしておくのが一番かもしれません。

シャワーを浴びて乾く間もなく車に押し込まれました。

シートびちょびちょ。

ラオスの人は、あまり気にしないみたいですね。

帰りもまた道なき道を走るのですが、ゾウの背中の方がよっぽどアトラクションだったので平気になっていました。

無事に資格をゲット!

最後に、旅行会社で降ろしてもらって、資格の認定証を受け取ればツアーは終了です。

ゾウに乗っている写真と、自分のサインを書いてこれで晴れてマホートを名乗れます。

もうぼくはマホートなので、近所に野良ゾウがいたら連絡してください。

※ただし、メスに限る。

といっても呪文はラオス語だから日本じゃ使えないし、国家資格でも何でもないただの紙切れなんですけどねこれ。

まぁ、話のネタにはなるしこのツアー自体が素敵な体験だったので良しとするか。

少なくともゾウを大好きになることだけは間違いありません。

ルアンパバーンの旅はつづく

いかがでしたか?

就活対策に、話のネタに、ただただゾウと戯れに。

マホートトレーニング、ぜひやってみてください。

ルアンパバーンにはまだまだ紹介したい内容がいっぱいです。

ラオスの魅力が少しでも伝わればうれしいですね。

ではっ!