出川イングリッシュはすごい!出川に学ぶ英語へのマインド

良かったらシェアしてね!

出川イングリッシュ、最近ではとても有名になってきましたね。

初めてこれを見たとき、英語が話せない人を笑いものにするなんて残酷だ!と思ったものです。

でも違った。出川イングリッシュには学ぶべき点が多くすばらしい教材だったのです。

英語に不安があるせいで、海外への一人旅を躊躇しているあなた。

出川イングリッシュを通してあなたのマインドを変えてみませんか?

というか、単純にめっちゃ面白いのでいろんな人に見てほしい。もうね、抱腹絶倒まちがいなし。

出川イングリッシュとは?

出川イングリッシュ

TV「世界の果てまでイッテQ!」の名物企画の一つです。

内容は単純明快で、英語があまり話せない出川哲郎さん(以下、出川)が海外にてお題を達成するというもの。

スマートフォンの使用や日本語が分かる人と話すのは禁止。あとタクシーもダメ。お題は簡単なものから難しいものまで、さまざまです。

例えば、

  • ニューヨークで自由の女神をレポートしろ
  • 大英博物館をリポートし大人気のアヒルを購入せよ
  • カナダで一番有名な植物園にある巨大迷路をクリアしろ

など。

わざと、自由の女神、大英博物館、迷路など英語でなんというのか分からない単語が含まれてるんですよね。

これ、クリアできます?ぼくはおそらくクリアできません。

でも出川は毎回クリアします。100%。それもいつも面白い名言を残しながら。

出川のすごさの前にまずは名言をご紹介。

数々の名言(迷言?)をご紹介

出川の英語は、失礼ですが中学レベルというのも少し言い過ぎなレベル。

そのため奇妙な英語が飛び交い、「そうきたか!」と思わず腹を捩らせてしまいます。

アヒル

「イエローチキン」、「ガーガーバード」、「ヒヨコブラザー」

「ミッキーマウスはマウス、ドナルドダックはホワッツ?」

自由の女神

「フリーウーマン」、「フリーホワイトドール」

(正解であるスタチュー・オブ・リバティー?と聞き返されて)「スタジオリバティって何?」

その他にも

「ユーがセイ言ったあのミュージアム(今言った博物館の名前は?)」

「スローリースローリー英語(ゆっくり話して)」

「ワンルームキーカモン(ホテルで宿泊したいというとき)」

「マイマイじゃあネクストでドン(次で下車する)」

いや、本人はいたって真面目なんだけどスタジオもお茶の間も爆笑ですわ。

出川イングリッシュに興味がわいてきた人はyoutubeに動画がいっぱいアップされているから見てみてね。

出川イングリッシュから学ぶ英語に対するマインド

出川はなぜこんなめちゃくちゃな英語(出川イングリッシュ)で目的を達成できるのか?

その理由は当然語学力じゃあないですよね。

どこがすごいのか、リストアップしてみました。

1.恥じらいが微塵もない

学校の授業でもみんなの前で英語で話すのがなぜか恥ずかしいと思ったことはありません?

(これ英語でなんて言うんだっけ?発音も合ってるか分からないし、恥ずかしいな….。)

と思うのが普通。でも出川は全く恥じらいがありません。

これは本当にすごい!とても大切なことです。だって、恥ずかしがってると声も小さくなるし誰も振り向いてくれません。

番組の企画として見ると笑ってしまいますが、いざ自分が同じ立場ならと考えるとどうです?

こんな風に堂々とふるまえる出川に憧れてしまいます。

2.自分の知っている言葉で置き換える

ボキャブラリーが少ない出川。でも、彼は自分の知っている言葉で置き換えて情報をゲットしていきます。

それでも苦しいときは関連ワードを並べてクイズ形式にするなど。手法も様々です。

まぁそこが見てて面白いんですけど。

なるべく簡単な言葉で話す。これは英語に限らず知らない人とのコミュニケーションにはとても重要な要素じゃないでしょうか?

コミュニケーションに長けてる人ほど難しい言葉は使わないよね。

3.前置きはなしでいきなり本題を話す

出川のロケについていく、通称出川ガール。彼女たちが同じように道行く人に話しかけてもなかなか立ち止まってくれません。

流暢な英語で「すみません、いくつかお伺いさせてもらってもよろしいでしょうか?」と言っているにもかかわらずです。

一方出川は基本的には「ドゥーユーノウ○○?カモンっ!」といきなり本題を話します。

まぁ、これは必ずしも正しいとは言えないですが、話しかけられる側からしたら確かにその方が答えちゃいますね。

結果としてクリアしているわけですから、やっぱりすごいです!

4.その他大勢ではなく、「あなた」に話しかける

よく見ると分かるんですけど、出川は必ず相手の目線に合わせた立ち位置を取るんです。

相手が座っていたら自分も横に座って、歩いている人は正面に立って。

そして、目を見て話しているんです。

公園でバナナを食べている若者には「アイラブバナナ!」と話しかけます。

え?だってあの人バナナ食べてたから好きでしょ?そしたらバナナのこと言われたら嬉しいでしょ?

と当然のように言うんです。

ちゃんと自分と目を合わせて話しかけてくれたら思わず力になってあげたいですよね。

5.自分が納得するまで確認する

困ったことに出川は覚えた単語を3歩で忘れてしまいます。ニワトリかお前は!笑

でも大丈夫。覚えた単語が間違ってても他の人に確認します。ニュアンスで。

アルカトラズっていう単語を聞き出すと、アウトチャルズ→アウトプレゼント→アウトトランスという伝言ゲームのような面白七変化を経て、最終的にアルカトラズに到着する。

「ドゥーユーノウ○○?」っていろんな人に聞きまくる。

だから、間違わずに目的地までたどり着けちゃうんです。

6.日本語が入っていても気持ちがあれば通じる

分からないところは日本語でカバーするのが出川流。

覚えた英単語+日本語でどんどん話しかけていきます。最初は「?」ってなってる外国人にもこれで伝わっちゃう。

これは、ぼくも海外で経験したことがあります。最終的には気持ちのこもった言葉であれば通じるんです。

出川はこれを無意識で分かってるんだろうな。そう、英語はあくまでコミュニケーションの手段の一つであって絶対的なものではないんですよね。

7.会話が楽しそう

もうね、なんといってもこれ。出川、めっちゃ楽しそう。

だから道行く人々も優しくしてくれる。やっぱり話すなら不安そうな顔をしている人より明るく楽しそうな顔をしている人の方がいいですよね。

道中を楽しむ。一番大切なのは、これじゃないかな?途中で何度も失敗していいんですよ。

ゴールにさえ辿りつければ。

まとめ

もういちど出川のすごいところをおさらいしてみましょう。

  • 1.恥じらいが微塵もない
  • 2.自分の知っている言葉で置き換える
  • 3.前置きはなしでいきなり本題を話す
  • 4.その他大勢ではなく、「あなた」に話しかける
  • 5.自分が納得するまで確認する
  • 6.日本語が入っていても気持ちがあれば通じる
  • 7.会話が楽しそう

もうね、スキルじゃないんですよ、見習うべきはそのマインドです。

だからね、英語が話せないなんて不安になる必要は全くない。マインドさえ変われば海外への不安なんて吹っ飛んじゃいますよ。

ちなみに、ぼくも海外をよく一人旅してますが出川イングリッシュで何度もピンチを乗り切っています。

ぼくの気になる英語力はというと出川よりは少し上くらい。

ぶっちゃけ海外一人旅とかしてる人ってどれくらい英語話せるの?
ぶっちゃけ海外一人旅とかしてる人ってどれくらい英語話せるの?

英語に苦手意識を持っている人は出川を見習ってみましょ。アレでも大丈夫なんだと思うと気が楽になりますよ。笑

ではっ!