ウーバー(Uber)アプリの使い方。海外旅行ではタクシーよりも便利かも

良かったらシェアしてね!

ウーバー(Uber)とは?

ウーバー(Uber)とは、自動車配車ウェブサイト/配車アプリのことです。ユーザーの方がそれぞれドライバーの登録と乗車客の登録をして、お互いをマッチングしてくれるいわゆるC to C のサービスですね。

つまり、ドライバーはタクシーのように会社に属しているのではなく一般の人。諸々のコストが浮くぶん、一般的なタクシーよりも安い値段でお得なんです。

※時間帯や利用客の込み具合によってタクシーより高くなる場合もあります。

まぁ、難しいことはおいといて、アプリでタクシーよりも安く移動できますよってこと。

残念なことにまだ日本ではウーバー(Uber)による配車サービスはやってないんだけど、海外ではかなりの都市で使用することができます。

Uber を利用できる国と言語のリスト

海外旅行に行かれる前にこのリストには目を通しておいた方がいいかも。

ウーバー(Uber)のインストール・事前設定

インストール

ウーバーはWebサイトでも利用できるけど、アプリをインストールした方が圧倒的に便利!

App StoreでもGoogle Playでも入手できます。日本で予めインストール・設定してから旅に出るといいですよー。

Uber

Uber
無料
posted with アプリーチ

設定

名前やメールアドレス、電話番号などを登録します。

登録した内容はあとで「設定」にて変更できるので安心。この時、電話番号は現地でドライバーから連絡が来る可能性があるので、現地でsimカードを買った場合はその番号に変更するのをお忘れなく!!

Uber設定画面:設定

お支払い

お支払方法を設定します。

お支払方法はクレジットカードにしておくのがおすすめ!現地でドライバーにお金を払う必要がないからトラブルが起こりづらいです。

クレジットカードの登録に抵抗がある人は現金でもOK。これも、後で「お支払い」で変更できるからとりあえず登録しておきましょ。

早速ウーバー(Uber)を使ってみよう

さっそく使ってみましょう。今回は、例としてホーチミン観光の中心地,1区から空港までで検索してみました。

1.行き先を検索する

まずは、検索ボックスに住所を入れます。微調整は地図上にピンを配置することでもOK。だけど、だいたい住所で結果がHITします。

Uber検索

2.車種を決める

次に、使用する車種を決めます。スタンダードな4人乗りの乗用車やちょっと大きめの車、1人乗りのバイクなど。車種の下に値段が表示されてるので忘れずにチェックしましょう。

今回は一人で荷物もなかったのでバイクを選択。

ちなみに、流しのバイクタクシーだと交渉するとウーバー(Uber)より安くなることもあるけど、だいたいぼったくってくるからその交渉が結構疲れる。

その点ウーバー(Uber)だとぼったくりはないから安心して選べます。

3.ドライバーの情報を確認

これはほとんど使わなくてもいいけど、大きい荷物があるよーとかドライバーの人に伝えたいことがある場合は電話で直接連絡するか、メッセージを入れることができます。

うん、でも海外だし必ず英語が通じるわけでもないからね。割愛。

ドライバー情報を確認することができるので、お客さんを乗せた回数や評価に不満があればドライバーチェンジもできます。車のナンバーも書いてあるからどの車なのかも一発で分かる!

ドライバーも悪い接客態度だと評価が下がるから、わりとちゃんとした接客をしてくれるイメージかな?それでもトラブルには十分気を付けてね。

Uberドライバー情報

4.あとは待つだけ!

自分の位置情報が表示されてるから、あとは待つだけです。

しばらく待っているとUberとかかれたTシャツとヘルメットを身にまとったおっちゃんが到着!英語もまったく通じなかったけどアプリで行き先を設定してるからすんなり目的地まで行ってくれました。

Uberドライバーのおっちゃん

もちろんクレジット払いにしてるから到着しての現金のやり取りもナシ。じゃーねーと言ってお別れしました。

(最後に写真撮るから笑ってって言ったけど全然通じず。でもこの微妙な笑顔がまた素晴らしい。)

ウーバー(Uber)使用時の注意点

便利なウーバー(Uber)ですが、注意すべきこともあります。

1.場合によってはタクシーの相場よりも高い

距離によって料金が決まっているわけではなく、その時の利用状況、混雑具合によって料金が変わるのが一番注意しなきゃいけないことですね。

実は、上の画像で空港までのルートを検索してあるけどこの時は相場より高いです。タクシーの相場が130,000ドン(650円くらい)。

ぼったくりほど大きく値上がりするわけじゃないから、Uberで値段を調べてタクシーでも聞いてみるといいかも。

2.たまにドライバーから電話がかかってくる

GPSで位置情報を表示してるけど、ドライバーの人がお客を見つけられずに登録された電話番号に電話してくることもあります。

そのときは英語だったり、現地の言葉だったり。大通りなどの分かりやすい場所で待ってるのがいいかもしれないですね。

逆にドライバーの現在地もこちらから確認できるので近くに来たと思ったら探してみましょ。

おわりに

日本では使えないけど、海外旅行の強い味方、ウーバー(Uber)。

みんなも使ってみてねー。

ではっ!