【毎日がせんべろ】我が家で鯛のお頭のあら煮を作ろう!

良かったらシェアしてね!

せんべろ。千円でべろべろに酔えるという、酒飲みにはたまらない言葉。

せんべろの居酒屋探すのもいいけど、家飲みだと毎日せんべろできちゃう。

というわけで、居酒屋風のおつまみを作って楽しもうのコーナーです。

見た感じ居酒屋で出てきそうだけど、家でもわりと簡単に作れるものをご紹介します。

今回は鯛のあら煮。

難易度が高いかな?と思ったけど案外簡単に作れました。

調理時間は30分。

鯛のお頭は意外と安く買えるので、とってもおすすめ。

では、さっそくいってみましょー!!

鯛のあら煮:難易度★★☆☆☆

さっそく材料から。

材料・鯛のあら・・・1パック

・生姜  ・・・スライスで4枚くらい

・長ネギ ・・・青いところは全部使う。白いところは半分くらい

・大根  ・・・適当に。なくてもいいし、ゴボウとか入れるのも◎

<調味料>

・水   ・・・1カップ(200ml)

・酒   ・・・2カップ(200ml)

・砂糖  ・・・大さじ2杯

・しょうゆ・・・大さじ2杯

・みりん ・・・大さじ2杯

鯛のあらはスーパーや魚屋さんで結構安く手に入ります。

今回は特売で208円!真っ二つに割られた頭と背びれやら尾びれの周り、いわゆる”あら”が一匹分。

あとは臭みをとるために生姜と長ネギがあればOK!大根とかゴボウを入れるとかさ増しにもなるしおかず感が出ます。

材料全部で550円くらいかな?でも鯛以外は丸ごと使ってるわけじゃないので実質400円くらいだと思う。

あとは残りの600円分お酒を買えば、せんべろ完成!日本酒も合うし、あえての白ワインなんかもいいよね。

手順1:鯛に塩を振って放置

まずは、鯛に塩(分量外)を振っときます。10分くらい放置するのでその間に切り物を済ませる感じで。

下ごしらえ、めんどくさいけどやるとやらないでは味が違うからね。

おいしいおつまみのために頑張りましょ。

手順2:材料をカット

切り方とか適当でいいんだけど、生姜はスライス、大根はお好みの大きさでカットです。

ぼくはすぐ食べたいので輪切り→4等分にして小さめにしてます。

輪切りのままでもボリューミーでいいよねー。

大根は面取りしてあげましょ。

面取りってのはカットしたときにできる「角」を包丁で削るという作業。荷崩れしなくなります。

手順3:水、お酒、生姜、ネギをイン

切り物が終わったらお水とお酒を鍋にぶち込んで生姜と長ネギの青いところを入れます。

鍋なかったらフライパンでもOK。というかぼくはフライパンで作りました。

手順4:鯛に霜降りをしてあげる

次に大事なのが霜降りです。

霜降りっておいしいお肉のことじゃないのよ。お魚に一度お湯をぶっかけて臭みを取るという必殺技です。

こいつをやるかやらないかでこれまた仕上がりが断然変わってくるので、お湯ぶっかけましょう。

あらは血合いが残ってたりうろこがきれいに処理されてなかったりするから、お湯かけるだけでびっくりするぐらいゴミがとれます。

お風呂に入れてあげる感覚ですね。10秒くらいしたら冷水で洗ってあげます。この時に血合いとかうろこは手で取ってあげましょ。鯛もさっぱりした感じになるはず。

手順5:あとは調味料を入れて煮込むだけ

あとは鯛をぶち込んで調味料入れるだけ。わりと強火でガンガン煮ます。

とりあえず、砂糖としょうゆとみりんは1:1:1でやっとけば細かい分量は気にしない。

大さじ2杯とか書いてるけど、大さじ持ってないし。大さじ1杯は15ccらしいので、2杯だとヤクルト1本より少し少ないくらいですね。

ネギの青いところは調味料入れる前に救出してあげましょう。

霜降りであれだけきれいに洗ってあげたのにアホか?ってくらいアクが出てきます。

味がしみこむのを待ちながらこまめにアクを取ってあげてください。

なんか、このツイートだけ見ると正義のヒーローだな完全に。アクとの戦いって。

20分くらい煮まくると、水分が飛んでいい感じになります。

以上!調理終了!

ぼくはネギ捨てるのが嫌だったのでヌタにして食べました。

これもおつまみとしていい仕事してくれます。

ちなみに、ヌタは砂糖と酢と味噌を適当に混ぜればできるよ。

盛り付けのポイントは、立体的にすることと、具材別にまとめてあげること。

見栄えのために針生姜と絹さやを乗せてるけど、別になくてもいいの、家飲みだから。

かなりのボリュームで、二人で一匹くらいでもいい感じでした。

完成!今夜もせんべろだ!

手順をざっくりおさらいしておきますね。

手順①鯛に塩を振って放置

②材料をカット。大根は面取りしようね

③水とお酒をいれて生姜、ネギを入れる

④鯛を霜降り

⑤調味料入れてアクを取りながら煮込む

2回くらいやったらレシピ見なくても作れるようになります。

お顔の周りの、食べられるところをほじくりながら飲むのがまぁうまい。

意外と食べられるところが多いんですよ、あら煮。

煮魚が好きになったのは大人になってからだったなぁ。

これで、ネギヌタ含めて400円のおつまみ。

居酒屋というより割烹とかで出てきてもおかしくない感じ。

さぁ、今夜も飲むぞー!

※お酒は適度に。酒は飲んでも飲まれるな。

ではっ!