海外在住者が教える!海外でクレジットカードを使うメリットデメリット集めてみました

良かったらシェアしてね!

海外旅行で便利なクレジットカード

「海外旅行にクレジットカードはもはや必須です。」

「海外旅行にいくなら!おすすめのクレジットカード○○選!」

みたいな煽り文句見たことないですか?

まぁね、煽りたくなる気持ちもわかる。というのは、やはり海外に行くならクレジットカードは少なくとも1枚、できれば2枚は欲しいと思うわけですよ。

ぼく自身、海外生活をする中でもはやクレジットカードは手放せないものになっています。

でも、クレジットカードを使わない人にとっては気になる事でもあると思うんです。

何故そんなにクレジットクレジット言ってるのこの人たち?と。元々クレジットカードをほとんど使わなかったぼくも同じことを思ってました。何かクレジットカードって怖くない?みたいな。

そこで、実際に海外生活をしてみてぼくが感じた、クレジットカードを利用するメリット・デメリットをまとめてみました。

特に初めて海外に行く人は目を通してみてね。

では、どうぞー。

旅行保険も!海外でクレジットカードを利用するメリット

まずはクレジットカードのメリットからご紹介していきますね。まぁメリットないと誰も使わないよね。

メリット1)海外旅行保険が付いている

はーい、ココ大事ですよ。テストに出ます。海外で一番心配になるのが病気・怪我。特に日本の保険証を持っていても意味がなく、海外の病院ではどエライ金額になることも。それをクレジットカードが補填してくれるというもの。

いろいろと条件だったり限度額があったりしますが、ないよりは絶対にあった方がいい!ぼくは自動付帯っていう、何もしなくても持っているだけで保険の対象になるカードを持っています。

メリットいくつかあるけどこれがダントツで一番ですね。6割くらい占めてると思う。

もはや「利用」しなくても「所持」しているだけでいいという。

しかもだよ、携行品損害っていう、持ち物が壊れた・盗まれたときの補償もしてくれるのです。カメラ壊れたとか、スマホ落としてひび割れたとか絶っ対にあるからね。備えあれば憂いなしの海外旅行保険は必須の装備と言えるでしょう。

ぐりこ
ぐりこ

よーく考えよー保険は大事だよー!

詳しくは別で改めての記事でまとめましょうかね。

メリット2)余分な現金を持ち歩く必要がないから安心

海外では自分で自分の身を守る必要があります。そんな中でぼくが気を付けているのは長財布を持たないということ。

日本では長財布を尻ポケットに入れているぼくでも海外ではそんな危ないことはしません。スられます。まぁ日本でも危機意識持っとけって話ですけど。海外ではいつもマネークリップに最小限入れて持ち歩いてます。

でもね。海外旅行ってけっこうお金使うと思うの。有名なレストランで食べたりレディーたちはお土産も買っちゃうだろうし。ほら、何ならジュエリーとか買ったりするでしょ?

2泊3日程度ならともかく、それ以上の滞在ってなると10万円とか持って行ったりする人もざらにいると思うんですよ。10万!財布に10万入っていることあります?ぼくはないです。

現金は盗まれたら絶対に帰ってこないけどカードは止めれば被害を最小限に食い止められますからね。

それに10万だろうが100万だろうがカード一枚でOK。財布がすっきりします。外国のお金って計算めんどくさくて、いまいくら持ってるのか良く分からないし。

財布がすっきり&セキュリティも上がる。これがメリット2です。

ぐりこ
ぐりこ

特に複数の国に行くときは現金がごちゃごちゃになるからgood。

メリット3)いくらかかったか分かる

海外旅行って財布のひもが緩んで結局いくら使ったのか分からないってことないですか?もちろんカードでも使いすぎちゃうのはあるんですけど、カードだと後で明細がくるから何にいくら使ったのか一目瞭然。

家計簿をつけてないぼくでも、後で反省することができます。

反省する前に使いすぎには注意だけどね。現金だと、どんぶり勘定になっちゃうのをしっかり管理できるのはありがたい。

ちなみに、マネーフォワードっていうアプリを使うことでクレジットカードを登録しておくと勝手に家計簿つけてくれるのでおすすめ。これは海外旅行とは全く関係ないんだけどね。

ぐりこ
ぐりこ

いくら使ったのか分かると次の旅行の予算を立てるときに便利だよ

メリット4)ATMによるキャッシングで現金両替も

とはいえですよ?国によってはクレジットカードがあんまり対応していない場合も。

例えばITインフラが進んでいるシンガポールだとクレジットカードが使えない店の方が少ない。キャッシュオンのバーとかホントそれくらい。

逆にラオスとかカンボジアのナイトマーケットではクレジットカードは使えない。レストランでも使えないことが結構あります。

え?そしたらクレジットカード意味ないやんって思うでしょ?ところが、クレジットカードはATMで現金をキャッシングすることができるんです。いや借金やんそれ!とぼくも思っていたんですけどキャッシングの手数料の方が街の両替所の手数料より安いことが多いんです。

つまり、両替として使えるということ。もちろんキャッシングなのでご利用は自己責任。クレジットカードがあまり使えない国でもATMはそこらじゅうにあります。

ちなみにぼくは3か月とか海外にいるので現金をあらかじめ持って行くとなると結構な金額です。(それでもベトナムだから20万とかで済むんだけど)

だから、持って行く現金は最小限にしてあとは現地でキャッシングしてます。やっぱ大量の現金を持ち歩くのは怖いからね…。

ぐりこ
ぐりこ

ATMは錬成陣!とか言って使いすぎることがないように。

メリット5)uberで移動も楽ちん!ぼったくりが防げる

ウーバー(uber)っていうサービスがありまして。わりと世界中で展開されているサービスなんです。これが非常に便利。ドライバーも評価制なのでぼったくりはできないようになっています。

タクシーより安価で安心。ただし支払にはクレジットカードの情報を登録しないといけないんですね。

こういったサービスを利用するときにクレジットカードがあると便利だなぁと感じます。他にも現地で便利なアプリ、たくさんありますよね。

現金だけだと利用できないサービスなのです。あらかじめアカウント登録して置いたらOKだから、厳密には海外に持って行く必要はない。でも他のメリットも考えたら持って行くべしだね。

ぐりこ
ぐりこ

ちなみにぼくが住んでるベトナムはウーバー(uber)なくなったんだ。grabっていうアプリを使ってます。

メリット6)ラウンジが利用できるカードも存在する

これはおまけ。海外旅行で一番時間を持て余しがちなのが空港での待ち時間とLCCとかの移動時間。特にぼくの場合、荷物は厳選してコンパクトにしているので死活問題。

もちろん暇つぶしグッズとかはあるに越したことはない。でも空港には便利なものがある。それがラウンジ。

プライオリティパスってのがあれば全世界の1,200か所以上の空港でラウンジが利用できます。これが、このプライオリティパスが付いてくるカードってのもあります。

旅人にはあまりにも有名な楽天プレミアムカード。まぁこれはよく旅する人が持っていればいいと思うんです。

でもそれ以外でも、日本人がよく行く空港だと(プライオリティパスとは関係なく)ラウンジが利用できる場合もあります。例えばぼくはエポスカードのゴールドを持っているんですけど、ホノルルと仁川空港ではラウンジ利用可能!

ラウンジって何?って人はラウンジのレポート記事を書いておいたので参考にしてみてね。

ぐりこ
ぐりこ

ラウンジは旅人のセーフティスポットなのだ!

海外でのクレジットカードのデメリットも紹介しておく

メリットだけ紹介してもね、胡散臭い営業さんみたいになっちゃうんでデメリットも紹介しておきましょう。

クレジットカードで破産している人もたくさんいるから、ご利用は計画的に。しっかりと自己責任でお願いしますよ。

デメリット1)スキミングの危険性がある

スキミング。ATMを利用するときなんかにクレジットカードの情報を第三者に盗まれてしまうというもの。恐ろしい。

利用するときにはカードの差込口に変な機械が付いていないかよ~く確認してください。カードそのものを盗まれるよりも大変です。カードは手元にあるのに身に覚えのない請求が来た。って時は速攻でカード会社に連絡してください。

ぐりこ
ぐりこ

ATMにカードを入れるときは本当に要注意だよ。

デメリット2)盗難のとき日本の窓口に電話しないといけない

ぼくは長らく海外生活してるけどまだ盗まれたことはありません。

でも、盗まれたらすぐにカードをストップしなければいけないです。カード会社の窓口は当然日本の電話番号だから高額な電話代になってしまう。

かつ、ちゃんと事前に調べておかないと番号が分からない…みたいなことがあります。ありますって言ったけど、ぼくはいまのところ経験なし。

日本でも財布無くしたらカード止めないといけないから、実は労力はあんまり変わらない。ぼくは日本では財布を2回なくしたことがあるので、日本では窓口に2回電話したことがあります。(本当に日本での危機意識をもっと持たねば…)

ぐりこ
ぐりこ

カードは無くさないようにね。日本でもね!

デメリット3)カードブランドで使える・使えないがある

クレジットカードには国際ブランドってのがあって、まぁvisaとかMasterCardとかJCBとか。

で、visaは使えるところが多いけどJCBは使えないとかあります。だから、複数持ってたら安心。というか、せめて2種類の国際ブランドのカードを持っててほしい。

メインのカードで支払いしようと思ってたらvisaは対応してません、みたいなことがたまーにあります。

ぐりこ
ぐりこ

visaとMasterCardの2枚持ちが無難っ!

デメリット4)高額な買い物をしてしまう可能性もある

海外旅行に限らずね、クレジットカードっていうのは使いすぎの危険性を常にはらんでいます。

お土産屋さんとかでちょっと奮発してしまうとかあるからね。現金だと常にMAXが分かるからアホみたいな買い物はしないけどカードだと払いすぎることも。

あくまで自己責任でね。

ぐりこ
ぐりこ

クレジットカードは人によっては危ないからね。

デメリット5)キャッシングの設定を忘れていると悲惨

最後に。キャッシング枠の設定はしておきましょう。普通にカードの契約したときはキャッシング枠付いてないことも結構あります。

これがなくて、安心して海外でキャッシングしようとすると…はい、悲惨ですね。現金がなくてキャッシングができないだと、もう目も当てられない。非常に困ったことになります。

最悪は窓口に電話すればキャッシング枠を緊急で増やせるっていう裏ワザはあるんだけどね。とにかくキャッシング枠は海外に行く前に忘れずに。

ぐりこ
ぐりこ

あんまり高額に設定しないことが使いすぎを防ぐコツ。

まとめ:カードを上手く利用して海外をもっと楽しめ!

というわけで実際に海外に住んでみて感じたクレジットカードのメリット・デメリットでした。

メリットをおさらいしておきますね。

メリット!・海外旅行保険が付いている

・余分な現金がいらず財布がすっきり

・いくら使ったのか一目瞭然

・キャッシングで両替の代わりに

・移動も楽ちんなアプリがある

・空港でラウンジが使える

デメリットよりもメリットの方が圧倒的。自己責任で上手に利用して海外ライフをもっと楽しんでね。

ではっ!